歌舞伎町のぼったくり事情

始めに

始めに

「20分飲んで26万円」「10分で24万円」
「51万円払えなかったので働いて返せ」

など、ネットで調べるとどんどんぼったくりに関する記事が出てまいります。

ぼったくりがどのようなものか簡単に説明いたします。皆様の注意喚起につながりましたら幸いです。

歌舞伎町のぼったくりと客引き

歌舞伎町のぼったくりと客引き

ぼったくりに関する事件に関し、詳細を上げるときりがないので割愛しますが、どのぼったくりにも共通するのが「客引き」の存在です。

客引きに声をかけられ、目的のキャバクラの名前を告げると「1時間待ちなので系列店を紹介する」と言われ入った。

客引きに1時間○千円でキャバクラに入れると言われ、入った。

など、最初のきっかけが「客引き」とのやり取りとなるケースがほとんどとなります。

「客引き」とぼったくり店舗の間に関係を証明する事は難しく、条例でも禁止はされているのですが、現時点で違法にもかかわらず明快な罰則がない事もあいまって、指導がうまくできていない状況です。

最近では「客引きは100%ぼったくりです!絶対についていかない!」との立て看板の設置を行っているようですが、実際の効果はどの位のものかは、わかりません。

また、酔っている状態では気持ちも大きくなり、
知らない相手が親しげに話しかけてきても対応してしまい、話を聞いてしまう事も多いかと思います。

立て看板の文言どおり

「客引きは100%ぼったくりです!」

を常に念頭に置いて、絶対に話をしないようにしてください。

歌舞伎町で発生。無料案内所と結託したぼったくり

歌舞伎町で発生。無料案内所と結託したぼったくり

最近のぼったくりはさらに進化し、無料案内所としての店舗も持った上で、被害者を引き込むケースがございます。

まことに悔しい話ですが、無料案内所にも安全ではない店舗が存在するという事です。

私共、一般社団法人夜遊び安全協会「夜遊びインフォメーションセンター」に登録しております無料案内所と店舗には、
一般社団法人夜遊び安全協会「推奨ステッカー」が貼ってあります。
詳しくはサービス内容をご高覧下さい。

なお、登録してあります無料案内所、店舗では、街頭での客引き行為は一切行っておりません。
無料案内所の従業員、店舗従業員になりすました客引き行為には絶対についていかないようにしてください。


安心・安全をモットーにぼったくり撲滅を掲げ、運営しておりますので、お間違いのないようにご来店ください。

詳しくは、「新手口。無料案内所ぼったくり」より。

ぼったくり店舗かもと思ったら

ぼったくり店舗かもと思ったら

ぼったくり店舗で問題になった場合、お店側は「うちでは通常の料金だ」「無銭飲食だ」などと客を責めます。

席につく前にメニューやシステム料金の説明がない場合や、料金に関しての質問などを行ってみて、言葉を濁すような怪しい場合は席につく前に立ち去ってください。

実際にメニュー表がなくても店内の死角となっている場所に貼ってあったり、机の下に置いてあったり、わざと支払い時までわかりにくくしておいて、支払いの段階で正当性を出すために見せてくる場合などがあります。

基本的に店舗スタッフは全て共犯で嘘をつく為、簡単にはわかりづらいと思います。

注意していただきたいのは、席につく事だけで料金が発生しますので、席につく前にこれらを確認してください。

ぼったくりに遭ったら

ぼったくりに遭ったら

ぼったくりに遭ってしまったら、できるだけその場から離れ、警察の前で話をするようにしてください。

ただし、警察は民事不介入で守ってくれるわけではないです。

ですが、警察の存在する場所で話をする事で、恫喝や暴力沙汰になる事は避けられると思われます。

また、実際に遭ってしまった時の対処法について
「ぼったくりの対処法について」で詳しく語っております。

是非、お見逃し無く。

最後に

最後に

ぼったくり被害にあわない為には、自分からそのようなお店に行かないよう注意する必要があります。

1番は「客引きにはついていかない」

そして次に、「夜遊びインフォメーションセンター」に登録してあります無料案内所にご来店ください。

お客様の好みなども判断し、歌舞伎町の安心・安全な店舗のみ案内いたします。