新手口。無料案内ぼったくりについて

無料案内所がぼったくりをする

まず、この新手口「無料案内所ぼったくり」が発生し始めたのが2014年の夏頃。

その概要は、その名の通り、「無料案内所がぼったくりをする」というものです。

一般的には、ぼったくりなどの心配の無い安全なお店を紹介することが「無料案内所」の絶対的な使命であるのだが、

「ぼったくり無料案内所」は、利用者を悪質なぼったくり店舗へと誘導することで、謝礼金のようなものを受け取っている。

もう何を信用すればいいのか分からない歌舞伎町

これまでは、街中にはびこる「キャッチ」と呼ばれる者達の呼びかけを一切耳を傾けないことで「ぼったくり」から自身を護ることもできたのだが、

「ぼったくり」の摘発によって場を奪われた無法者達が無料案内所を持ち初めている。

このような悪質な無料案内所の登場によって、一層、利用者の方々の夜遊びの安全性が危惧されている。

安心・安全の「判断基準」が必要

このような、一体全体何を信用すればいいのか分からない状況の中で、利用者の方々の安全・安心な夜遊びを実現するために一体何が必要なのか?

それは、「ぼったくり」に関する情報の発信、危機管理意識の啓蒙、そして、「安心・安全」だと利用者の方々が判断できる目印のようなものを、

無料案内所及び、関連する店舗へ導入しネットワークを広げていくことです。

詳しくは、「優良な無料案内所の見極め方」よりご参考ください。

最後に

歌舞伎町の「ぼったくり」による被害は、今も尚、拡大している。

それはまぎれも無い事実です。

しかし、昔と比較し、法的な整備や情報のオープン化が進み、利用者の方々が、ぼったくりから自身の身を守ることができる環境になってきています。

しかし、巧妙化するぼったくりへの対処には、限界があるのも事実です。

だからこそ、利用者の方々が自身の身を守ることが出来るよう、少なくとも、ぼったくりに対する予防線を張れるよう、情報を発信し続けること、

そして、我々の活動を歌舞伎町全体へと一刻も早く広げていくことが大切です。

歌舞伎町はとてもエキサイティングで面白い街です。

その本当の姿をもっと多くの方々へと提供するために、邁進する所存です。